ブログ

2016-12-15冬の乾燥、原因と対策(^^)/


長年、クセ毛やご自身の髪質にお悩みの方 クセ毛とダメージ毛の専門店であるPUREにご相談を!!

アイロンを使わない縮毛矯正で 9割の方がもう一度ご来店しております。

おススメ過去記事

『あなたの手に負えない髪が、2ヶ月で周りから勝手に、髪がキレイになったね!といわれるピュアメソッド』

≪髪質改善プランニングコース≫

髪質改善できるシャンプー(^_-)-☆

髪質にお悩みの方・諦めている方はいませんか!?

アイロンを使わない縮毛矯正ってどんなメリットがあるの!?

縮毛矯正を他店でしたことのある 9割のくせ毛さんが リピートする髪質改善縮毛矯正 !!

スマホの中の大切な写真が まるで絵に描いたように! 『過去』から『今』へをつなぐアートキャンバス。

 

 

 

こんにちは!中田です(^^♪

 


毎日寒いですね。。

この時期は乾燥がすごいです!!

 


毎日リップクリームがかかせません。。(ノД`)・゜・。

 


乾燥

 

冬は空気が乾燥している上に、オフィスなどではエアコンの温風が直接髪に当たり、

ダメージを受けやすい季節と言えます。


お肌の乾燥は実感しやすいので、保湿クリームなどで入念にお手入れする方が多いと思います!

 


髪や頭皮もお肌と同様、乾燥に弱く、潤いを不可欠です。。(>_<)

 


今回は、冬の乾燥から髪を守るヘアケアについてご紹介します。

 


実は髪の毛はダメージしたのを放っておけば放っておくだけ痛みが進行

してしまいます(*_*)

 


 


健康な毛髪は12~13%の水分を保持しており、最大35%まで水分を保持できます。

 


毛髪の水分が7%を下回ると、表面のキューティクルがカラカラになって剥がれ、

切れ毛や枝毛となって、髪のダメージが表面化します。さらに傷ついた部分から、

毛髪の内部の水分まで出ていってしまい、さらにダメージが進んでしまいます。

 


髪の内部には、水分をため込む役目を果たす天然保湿因子というものがありますが、

ダメージでキューティクルが開いていればそれすらも流出させてしまいます。。(>_<)

 


 


髪が乾燥すると、ダメージがダメージを呼び、悪循環に陥る、というわけです。

 

 


また、この時期はブラッシングの方法も要注意です。

 


ブラッシングで髪が摩擦し、パチパチと毛が逆立ってしまう、という経験をしたことが

ある方も多いかと思います。

静電気が原因で切れ毛になることもあります(;゚Д゚)

 


 

髪の毛を乾燥から守るためには、水分をいかにして髪の毛の内部に閉じ込めておくか、

ということが重要になってきます!!

 


PUREでオススメしているヘアケアの方法として、まずは毎日使うものを自分の髪質に

合ったものを使用する!

これが一番大切なことです(´・ω・`)

 


1、自分の髪質に合ったシャンプー、トリートメントを使う。

2、乾かす前には洗い流さないトリートメントをつける。

3、外出の際はヘアクリームなど、乾燥を予防できるものをつける。

 

*ドライヤーをしないのは絶対にダメ!!ストーブで乾かすのとかも絶対にダメです。

 

vip1-2

 


どれも使用するものは髪質に合ったものを選ぶことが重要です!

(高いから絶対に髪に良いなんてことはありません。)

 

どんなものが自分の髪質に合っているのかわからない方はぜひ一度髪の状態を

お見せください(^^)/

 


まずは毎日使うもので、毎日ケアしていくことが潤いのあるツヤ髪にしていく

近道になります(^^♪

 


それでもまだダメージが気になる。。

なんて方は、美容室のトリートメントメニューをしていくと改善はさらに

早いです(^-^)

 


冬は空気が乾燥しているので、それだけで、髪と頭皮に負担がかかる季節といえます。

いつもより念入りに、髪をいたわってあげましょう((((oノ´3`)ノ