カラーの乳化について(*゚∀゚*)

 

こんばんはっっ(*´ω`*)

 

 

 

 

MARIKAです(。・ ω<)

 

 

 

 

 

皆様は、オリンピック見ていますか(*゚▽゚*)?

 

 

 

 

 

カーリング女子の「おやつタイム」が話題になっていましたね♪

 

 

 

 

 

食べているものに注目されるって、すごいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

一流になると、食べているものにも注目されちゃうんですね(*゚▽゚*)

 

 

 

 

 

オリンピック♪まだまだ応援していきますっっ(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

 

 

本日は、、、

 

 

 

 

 

 

『カラーの流しの時に、シャンプーを付ける前にやられる、

 

 

カラー剤を頭で馴染まされるやつ。』

 

 

 

 

乳化

 

 

 

 

 

 

について少しお話したいと思います(*゚∀゚*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「乳化」わかりますかねぇ。。

 

 

 

 

乳化については、美容師さんによって、

 

 

 

 

やるorやらない

 

 

少しだけやるorしっかりめにやる

 

 

 

 

 

 

 

 

と分かれるので、、お客様は、

 

 

 

 

 

 

やられた覚えがあるような。。

 

 

 

 

 

あれのことを言ってるのかな?

 

 

 

 

 

と、分かる方もいれば、分かられない方もいらっしゃるかと思いますm(_ _)m

 

 

 

 

この「乳化」。さりげないのですが、とても大事な工程なんです♪

 

 

 

 

 

 

 

乳化をする目的

 

 

残留アルカリ(ダメージの原因)を除去する

 

色をなじませるため(根元を毛先が違うカラー剤を使用した時やリタッチの時など)

 

生え際や頭皮についているカラー剤を落とす

 

 

 

 

 

 

 

 

乳化をやるかやらないかによって、

 

髪への負担が変わってきます

 

 

 

 

 

カラーは、痛みます。

 

 

 

その痛みを最小限にするために、わたしたち美容師ができることのひとつ。

 

 

それが、乳化だと思います。

 

 

 

 

 

私自身、美容室に行くと、この乳化をどんな感じでやっているのか、

 

 

 

 

 

頭皮で感じます♪

 

 

 

 

 

そしてシャンプーですね。

 

 

 

 

カラーシャンプーを丁寧にしっかりやってくれる美容師さんは、信頼できます。

 

 

 

 

 

 

 

逆に、ささっとカラーシャンプーをされると(手早いけどしっかりならいいのですが)

 

 

 

 

 

さみしい気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして帰って、シャンプーします。ダメージが怖いので。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の髪を大切にしたいので、

 

 

 

 

 

 

乳化とシャンプーにもこだわりをもって、

 

 

 

 

 

やらせていただきます(*゚∀゚*)!!